日本酒の種類と特徴

純米酒

●原料
米・米麹
●特徴
米の風味がそのまま生かされる為、蔵の個性が強く出る。
製法が特別なものは、特別純米酒となる。

純米吟醸酒

●原料
精米歩合60%以下の白米・米麹
●特徴
純米酒の中で、精米歩合60%以下のものが分類される。
低温長期間の発酵により、ふくよかで切れのある味になる。

純米大吟醸酒

●原料
精米歩合50%以下の白米・米麹
●特徴
純米吟醸酒よりも、更に米を削る。
香味・味わい・色沢が更に良好になる。

本醸造酒

●原料
米・米麹・醸造アルコール
●特徴
香味を整えるため、醸造アルコールを加えて造る酒。
製法が特別なものは、特別本醸造となる。

吟醸酒

●原料
精米歩合60%以下の白米・米麹・醸造アルコール
●特徴
本醸造酒の中で、精米歩合60%以下の酒が分類される。
フルーティな香り、良好な色沢が特徴

大吟醸酒

●原料
精米歩合50%以下の白米・米麹・醸造アルコール
●特徴
本醸造酒の中でも、精米歩合50%以下のものを指す。
上品な香りと口当たりが特徴。

特別純米酒

●原料
精米歩合60%以下の白米・米麹
※または、特別な製造方法(要説明表示)
●特徴
純米酒の中で、精米歩合60%以下、または特別な製造方法を持つものを指す。
香味や色沢が良好なものが多い。

特別本醸造酒

●原料
精米歩合60%以下の白米・米麹・醸造アルコール
※または、特別な製造方法(要説明表示)
●特徴
本醸造酒の中で、精米歩合60%以下、または特別な製造方法を持つものを指す。

  • 最終更新:2011-11-09 15:05:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード